新型コロナウイルス感染予防対策を実施している店舗をタクシー乗客に紹介する広告「タブシェルジュAD」を別府市で開始

株式会社IDM(本社:大分県別府市、代表取締役社長:樹下有斗、以下IDM)と、ITサービス開発を手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親、以下ORSO)は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制と予防に向けた様々な取り組みがされる中、コロナ対策を行っている施設・店舗の応援をすることを目的に、第一交通株式会社様(大分県別府市)、みなとタクシー株式会社様(大分県別府市)、関汽タクシー株式会社様(大分県別府市)、亀の井タクシー株式会社様(大分県別府市)の4社の協力企業様のご協力により、別府市内を走る50台のタクシーにて、2020年12月29日から広告配信を開始致します。またこの実証実験を通じて、機能アップデート等を行い、更なる展開を目指してまいります。

○初期広告協力事業者様

初期広告協力事業者様の声をご紹介いたします。

・明礬岡本屋 若女将 岩瀬伸子様

『東京ではよく見るタクシー広告。必ず目を引きますし、それが別府で実施されることは画期的です。また、新しい挑戦に対して賛同しますし、このような時期に弊社の施設・店舗(「岡本屋売店」や家族湯専用「山の湯」)が安心・安全に利用できることをPRできるのは非常に有難いです。』

・海地獄 代表 千壽智明様

『タクシーを含めて、観光は交通が重要。別府の各所交通がアップデートされることに期待しています。また、インバウンド観光客が戻ってきたときに、他言語でお客様に正確な情報を動画で伝えることができる、その趣旨に強く賛同します。』

 

 

○実証実験期間と実施内容
【予定期間】 
2020年12月29日~2021年3月31日を予定
【実験エリア】
別府市内
【協力企業様】
第一交通株式会社様(大分県別府市)
みなとタクシー株式会社様(大分県別府市)
関汽タクシー株式会社様(大分県別府市)
亀の井タクシー株式会社様(大分県別府市)

 (広告出稿検討・サービス協力希望企業様のお問合せ先)
https://www.tabcierge.jp
※本サ-ビスの販売開始は2021年4月を想定。

Go Toキャンペーンの効果により国内でより多くの人の往来が期待される中、着地型観光で訪れる観光客や地元の住民に対し、安心・安全を徹底されている施設や店舗、商品をご紹介し地域経済全体の消費回復を目指します。今回の実証実験では、観光産業で打撃を受け、いち早い消費の回復を求められる別府市で、第一交通株式会社様(大分県別府市)、みなとタクシー株式会社様(大分県別府市)、関汽タクシー株式会社様(大分県別府市)、亀の井タクシー株式会社様(大分県別府市)にご協力いただき運用実験と効果測定を行います。

○広告主様を募集
「タブシェルジュ」では、広告主様を募集しております。
お申し込みは以下よりお願いいたします。

タクシーを利⽤する観光客や地元客に、
⾃社の施設・店舗の宣伝を可能にしたタブレットサービス「タブシェルジュ」

※導入検討・サービス協力希望企業様のお問合せ先
https://www.tabcierge.jp
(株式会社IDM)担当:天野 (株式会社ORSO)担当:津川

 

株式会社IDMについて:
株式会社IDMは、約90ヶ国、3000名の留学生が在籍している立命館アジア太平洋大学を2015年に卒業した3名が、2017年「新たな世界とのコミュニケーションを実現する」を目標とした会社として設立しました。100万人のフォロワーを持つベトナム人インスタグラマーをはじめ、海外インフルエンサーたちと世界に向けたマーケティング・プロモーションなど、母校のネットワークを活かして新たな地域・領域に進出する際のコミュニケーション方法をデザインしております。
IDMホームページ: https://idm-drone.co.jp/

 

 

株式会社ORSOについて:
株式会社ORSOは、「ユーザー体験をデザインする会社」として、サービスを使う方々の思いや意図を利用シーンと共にデザインし、ゲームを始めとするスマートフォンを活用したサービス立案や、ソーシャルゲーム等のグラフィック制作、大学病院等と連携したヘルスケアアプリ、コロナ禍におけるドローン・IoT分野の「みんなの体調ノート」等、様々な分野でユーザーファーストな体験を提供しております。
ORSOホームページ: https://www.orso.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ORSO.jp

目次
閉じる